韓国ソウル ゆる暮らし

のんびりまったりソウルの魅力をお届け

アトピーでも使える。あんだんてシャンプーの使い心地

f:id:sally_ly:20190316150235j:plain:w600

今日はシャンプーのお話を。

私は小さい頃からアトピーもちで、大人になってからも不安定な肌質に悩まされていました。

私の場合、石鹸や化粧品が合わないときに、肌が過敏に反応してしまいます。

特に、シャンプーは合うものと合わないがはっきりしています。

どの程度かというと、旅行先のホテルや温泉に置いてあるシャンプーを使って、翌日首や背中にニキビができたり、頭皮が痒くなったことは一回や二回ではありません。

また、見極めが難しいのは、一回の使用では問題なくても、長く使っていると症状がでてくるものもあるということです。

シャンプーを変えたら、それまでの体のかゆみが全くなくなり、シャンプーが合っていなかったことに気づいたということもありました。

そんなこんなで、家ではもちろん、旅行の際も、必ずシャンプーを持参するようにしています。

今では、私自身のアトピーの症状も落ち着いています。

それはこのシャンプーだけのおかげというわけではないのですが、もし肌が弱くて頭皮や背中の湿疹に悩まされているという方がいらっしゃれば、シャンプーを見直すと調子が良くなるかもしれません。

あんだんてシャンプー

f:id:sally_ly:20190316134759j:plain:w600

5年前に出会ってから、ずっと使っているのがあんだんてシャンプーです。

写真は、1000mlパウチパックです。使用感があって、すみません。

あんだんてシャンプーのよいところ

低刺激、かゆくない

CMで宣伝しているシャンプーや、美容院で使われているシャンプーなど、いろいろ試しては失敗してきた私も問題なく使えています。

使っても身体がかゆくないシャンプーって、本当に貴重なんです。

きしまないで、さらさらになる

以前、石けんシャンプーを使っていたこともありますが、独特のきしみに慣れなかったりで、やめてしまいました。

もう少しうまく使いこなせればよかったのですが…。

あんだんては特にきしまないので、重宝しています。

トリートメント不要

シリーズでトリートメントも出ていますが、シャンプーだけで十分さらさらになります。

髪の痛みが気になる方はトリートメントを併用したほうがよいかもしれません。

私は、以前はトリートメントも使っていましたが、今はカラーやパーマをしておらず、長さも短めで痛みが気にならないので、シャンプーだけです。

トリートメントがいらないので、お風呂場もすっきりしますし、旅行の際も身軽です。

無香料

香料が含まれていません。

しいて言えば、ほんのり石鹸の香りがしますが、ドライヤーで乾かすとほぼ無臭になります。

ヘアオイルで、ほんのり香り付けしています。

最後まで清潔に使える容器構造

400mlボトルの場合は、リフィルをボトルに詰め替えるのではなく、リフィルをビニールごとボトルに入れて使う構造になっています。

上の写真は1000mlのものですが、ボトルではなく、パウチに詰められています。

どちらも、使用していくごとにビニールから空気がぬけていく構造になっているため、使用中に容器中に空気が入らず、最後まで清潔に使える構造になっています。

あんだんてシャンプーの微妙なところ

脱脂力が弱い

刺激が少ない分、洗浄力は弱めです。

頭皮の脂が気になる方は、ちょっと物足りないかもしれません。

また、美容院でセットをお願いした時など、スプレーでがちがちに固められてしまうと、このシャンプーではなかなか落ちないです。

でも、年に一回あるかないかなので、二度洗い・三度洗いをして対応しています。

お値段

ふつうのシャンプーと比べてかなり高いです。

  • 髪を洗うシャンプー 400mlボトル 2,300円(税抜)

  • 髪を洗うシャンプー 400ml パウチ+ケース 2,660円(税抜)

  • 髪を洗うシャンプー 400ml パウチ 2,260円(税抜)

  • 髪を洗うシャンプー 1000mlパウチパック 5,500円(税抜)

400mlのパウチ+ケースの場合、二回目以降はパウチのみ購入すればすむので、少しお得です。

コスパは1000mlのほうが良いので、あんだんてを使うと決めたら大容量がおすすめです。

1000mlを使う場合は、専用スタンドが必要なので、一緒に買ってくださいね。

シャンプーに5000円って、勇気のいる値段ではありますが、他に代わりになるシャンプーがなく、やめられません。

いろんな使い方

公式サイトによると、名称としてはシャンプーなのですが、いろいろな使い方ができるようです。

  • シャンプーとして

  • ボディーソープとして

  • 洗顔料として

  • 顔そりのときに

石けんで髪の毛から体から洗顔もされる方もいらっしゃると思いますが、その液体バージョンと言えるかもしれません。

私は以前洗顔に使ったことがありますが、洗いあがりが少しつっぱってしまったので、洗顔は別のものを使っています。

なるべくお風呂場をシンプルにしたい方はよいかもしれないです。

さいごに

値段がちょっと高いのをだけがたまにきずですが、お肌が弱い方にはおすすめです。

▼1000mlを使う場合は、専用スタンドが必要です。スタンド付きのものを購入されるか、スタンドを別途お求めください。

▼こちらもどうぞ ローズがふんわり香るヘアオイル。ユイル セッシュ - ソウルで深呼吸

ハンドクリームを卒業して5年。保湿のいらない手の秘訣 - ソウルで深呼吸