韓国ソウル ゆる暮らし

韓国在住日本人による現地のお役立ち情報あれこれ

韓国ドラマが苦手な私がハマった韓国ドラマ「ミセン-未生-」

今日は韓国ドラマのお話を。

私は縁あって韓国に住んでいますが、実は、韓国ドラマが苦手でした。

ご都合主義の展開や、つっこみどころ満載の設定。貧乏な主人公と、ワガママすぎるイケメン御曹司…。

お好きな方はすみません!

しかし、私はなかなか面白いなと思えませんでした。

韓国語を勉強しているので、せっかくならドラマも学習教材として活用しながら、楽しく勉強したいなと思っていたのですが、韓国ドラマは自分には縁がないのだなと思っていました。

そんな中、昨年Netflixに登録してから、いくつも面白いドラマを発見しました。

その中で特にお気に入りのドラマを少しずつご紹介していこうと思います。

厳しすぎる韓国のリアル会社員生活を描く「ミセン」

有名すぎる名作ですがまずはこれを。「ミセン-未生-」

ミセン

あらすじ

主人公は、プロ棋士の道をあきらめ、26歳ながら高卒で大企業(総合商社)にコネ入社したイム・シワン演じるチャン・グレ

入社当初、「コネ入社のヤツ」となじられ、配属された課でも厄介者扱いされてしまうのですが、次第に上司や先輩の信頼を得て、同期にも恵まれて切磋琢磨しながら社会生活を送っていくという物語。

熱すぎる人間関係

このドラマの魅力は、なんといっても韓国人同士の熱すぎる人間関係

幼いころから囲碁しかしてこず、(韓国社会では必須と思われる)上の人にこびへつらったり、愛想をふりまくということも知らないチャン・グレ

チャン・グレ

ただただ実直でまじめな彼を、だんだんと認め、時に叱り、時に褒め、支えてくれる先輩や上司、そして同期たち。

最初は表情もかたくてロボットみたいだったグレが、同僚たちとの関わりの中で、次第に生き生きと仕事をしていくんです。

初回から見ていると、グレのそんな成長に、それだけでもう涙。

日本人からしたら、人間関係ちょっと濃すぎるんじゃない!?と思うところもありますが、本気でぶつかり合う人と人の描写は、さながらスポ根漫画のお仕事版、といった感じで燃えます。

丁寧に描かれるわき役たち

ミセン、とにかく内容が濃いのですが、それもそのはず、1時間10~30分×20話ですから。

グレの上司や先輩はもちろん、同期たちもそれぞれにストーリーがあり、その他のわき役も丁寧に描かれています。

ドラマ終盤ではキャストほぼ全員に感情移入して、涙が止まらない状態に(笑)。

私のお気に入りはグレの同期、カン・ソラ演じるアン・ヨンイ

アン・ヨンイ

入社前のインターン生のときからすでにその有能さで注目されていた彼女。

ところが入社後、パワハラ・セクハラまみれ (本当にひどいです…)の部署に配属されてしまい、辛酸をなめます。

嫌がらせをしてくる先輩に負けず、ひたむきに頑張るけど、辛いことがあればもちろん落ち込む。

それを変に美化したり誇張したりせず、どこにでもいる等身大の女性の姿として描かれていている点に、とっても好感を持ちました。

ドラマの登場人物であることを忘れて思わず応援したくなるような、とっても魅力的なキャラクターでした。

そこまでリアルに描かなくても。韓国の会社生活

そして、もう一つの魅力は超現実的な展開

ストーリーの主軸は、グレが営業3課で様々なお仕事をこなしていくというもの。

当然仕事上の問題にぶちあたったりするのですが、必ずしも各話はハッピーエンドで終わるとは限りません。

部署同士の衝突によりトラブルが起きたり、社内の派閥争いにより計画していた案件が暗礁に乗り上げたりと、なかなかリアルな展開が多いです。

実際に会社に属して働いたことのある方は特に、組織の中で働く苦労やむなしさみたいなものに、共感できると思います。

グレたちは総合商社で働いているのですが、若干ブラック(上司が部下をどなりつける日常、飲み会の多さ、残業を美徳とする描写)な点はちょっとビックリします。

元商社勤務の韓国人夫曰く「商社ではけっこうふつう」とのことでした…。

原作は?第2期は?

ちなみに原作は名作と名高い、ユン・テホさん作のウェブトゥーン(ウェブ漫画)「ミセン~未生」です。

原作では、ドラマの後の物語も描かれており、ドラマ2期も期待されています。

私も、もう少し韓国語のレベルが上がったら原作を読んでみようと思っています。

まとめ:私の人生ドラマ(=神ドラマ)

ミセン

なかなかボリューミーな作品なため、何回も見返すのは難しいですが、お気に入りのシーンは何回も見ているので、トータルでは相当な回数見ていると思います。

日本のドラマもあまり見ず、韓国ドラマも苦手だった私も大ハマりした韓国ドラマ。

古典的な韓国ドラマが苦手な方にこそ見ていただきたいです!