韓国ソウル ゆる暮らし

韓国のおすすめや国際結婚ついてゆるりと書いています。

カナタ韓国語学院 授業見学&入学手続き方法

ノート

今日は先日に引き続きカナタ韓国語学院についての記事です。

先日、カナタ韓国語学院に通った感想を書きました。

私は、事前に授業の見学に行き、そのあと実際に入学(受講)することになりました。

今日は、見学申し込み~見学~入学までの流れを記録しておこうと思います。

授業見学の流れ

授業

カナタでは、予約をすれば1時間無料で見学ができます。迷っている方で、時間がある方はぜひ見学をおすすめします。

見学申し込み

私の場合、申し込みは電話で行いました。

当時は、韓国語にかなり不安があり、韓国語の電話がまだまだ苦手な時期でした(今もそこまで得意ではないです)が、急いでいたのでメールではなくて電話をかけました。

担当の方に、韓国語で「日本語可能な方いらっしゃいますか?」と聞きましたが、電話対応してくれた方が「韓国語でも大丈夫ですよ」とおっしゃり(え、こっちは大丈夫じゃないけど…「韓国語でも大丈夫そうですね」のようなことを言われたのかもしれない…今となっては不明)、つたない韓国語でなんとかやりとりし、その週の午前中に見学の予約をとることができました。

公式HPには、ライン、カカオトーク、Eメールなどいろいろな連絡手段が記載されているので、電話は苦手という方はラインやカカオトーク、Eメールを使っても良いと思います。

韓国語のほうが返事が早く返ってくると思いますが、カナタは院長先生が日本語がご達者なほか、日本語ができる方もけっこういらっしゃるようなので、日本語で送っても何とかなると思います。

見学当日

見学は平日の10時からとのことで、9時45分に受付にきてくださいと言われました。

時間に学校に向かうと、受付の方が対応してくださいました。

これまでの学習歴や韓国語の資格などを聞かれ、見学するなら4級か5級がよさそうと言われました。実際に4級と5級の教科書を見せていただき、4級のクラスを見学させてもらうことになりました。

見学の時間はあっというまに過ぎ、授業が終わると受付へ戻ります。質問があればどうぞ、と言われたので、クラスの人数や国籍、休んだ時はどうするのかなどについて聞いて、その日は帰りました。

入学までの流れ

読書

実は別の学校も見学に行ったのですが、そちらとも比べてみて、結局カナタに通うことに決めました。

入学申し込み

受講申請は、公式HPから行えます。

HPの上の方にある日本の国旗のマークをクリックすると、日本語サイトに切り替わります。

この状態で、「受講申請・登録」メニュー→「申込書」と進むと、日本語の申請書画面が出てきます。

申請書は日本語で書き込んでもOKです。

申請書を送信して、数日後、カナタから日本語でメールの返信が来ました。

受講申請を受け付けた旨や、授業の開始日やレベルテストの日程についての連絡でした。

レベルテスト当日

テストは月末の平日にありました。

時間に受付に向かうと、またここでも学習歴やレベルを聞かれ、テスト用紙を渡されました。レベルによって、テストが違うみたいです。

テスト用紙をもって部屋に入ると、すでに何人かの人がテストを解いていました。それも丸テーブルを囲んで。レベルテストだからか、かなりゆるい雰囲気でした。

ペーパーテストを解きながら、一人ずつ別室に呼ばれて、会話のテストがありました。

会話のテストは、韓国語で質問されたことに答えるだけの簡単なもので、ほとんど先生との雑談のような感じでした。

試験が終わり、受付にテスト用紙を渡したところ、受付の人がその場でテスト用紙を確認。

受付の方と相談し、実際に授業で使う教科書を見ながら、受講するクラスのレベルを決めました。

その場で授業料を払い込み、テキストを受け取りました。

授業料はカード払いOKです。もちろん現金も可能。私はとりあえず1か月分の授業料のみ払い込みました。

授業開始日の確認と、初日はまず受付に来てください(教室の確認のため)と言われ、この日は終わりでした。

まとめ

カナタ韓国語学院 教科書

今日は、カナタ韓国語学院の見学や受講までの流れをご紹介しました。

▼授業を受けてみての感想はこちらにまとめています。

2か月通ってみての感想。カナタ韓国語学院を徹底レビュー。 - ソウルで深呼吸

※本記事は、2019年春現在の情報です。最新の情報については下記公式HPからご確認ください。

▼カナタ韓国語学院 公式HP(日本語あり)

가나다한국어학원

▼記事がお役に立ちましたら、よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村