ソウルで深呼吸

韓国のおすすめや国際結婚ついてゆるりと書いています。

海外移住!日本から持って行ったほうがいいものリスト

かばん

今日は、海外に長期滞在する方向けに、日本からもっていったほうがいいものをご紹介したいと思います。

私の場合は、韓国に移住して半年になりました。

日本から持ってきたものもありますが、「これは今度日本に帰るときに持ってこよう」とか、「これは持ってきて正解だったな」というふうに思うことも多々ありましたので、ブログに書いてみることにしました。

基本的に韓国生活を念頭に置いていますのでご了承ください。

正直、何も持っていかなくても困らない

いきなりこの記事の内容と相反する見出しで申し訳ありませんが、ジャングルの奥地に行くとかでもなければ、何も持って行かなくても困らないと思います

留学などで短期滞在(~1年)であれば、あえてあまり日本のものを持って行かず、現地にあるものを使ったり、試したりするほうがおもしろいんじゃないかなと思います。

ただ、長期滞在になるとやはり日本のものが欲しくなったりしますし、日本から持っていけば、海外生活をより楽しく、快適に過ごせるものもありますので、そういったものをご紹介していきたいと思います。

日本からもっていったほうがいいものリスト

食品

まずは食品をご紹介します。

インスタントみそ汁・スープ

私の経験から言いますと、日本食を持っていくなら、断然スープ類です!

軽いし、長持ちするし、お湯さえあれば作れます。

特に留学生の方におすすめです。

寮などに住んでいて部屋で料理をするのが難しい場合でも、湯沸かし器さえあれば気軽に飲めます。私も中国留学の際に持って行ってすごく重宝しました。

朝は、これとおにぎりorパンだけで朝食になるし、夜中にちょっとおなかが空いたときにも飲んだり。とにかく万能です。

私はアマノフーズのお味噌汁が大好きで買い込んできました。

アマノフーズの製品はどれもおいしいのですが、特にこのどんぶりシリーズはフリーズドライとは思えないおいしさなんですよね。ああ、今度の帰国で買います。

定番ですが、味の素のコーンスープも好きでストックしています。買うときはいつもこういうセットで買います。

嗜好品

私はお茶好きなので、嗜好品として好きなお茶の茶葉やティーバッグを持ってきています。

ちなみに、韓国のコンビニでは、温かいお茶が売っていません。ホット飲料は、コーヒー系、豆乳、甘いお茶(かりん茶、ゆず茶など)のみ。

温かくて甘くないお茶が好きな私が飲める飲み物がほとんどありません。

もちろんカフェに行けば買えますが、毎日カフェに行くのも勿体ないので、冬場はタンブラーに温かいお茶を入れてでかけていました。

お茶に限らず、お菓子などでも、自分の好きな嗜好品を持っていくと、海外生活でもリラックスした時間を持てるので、おすすめです。

留学先にフリスクを大量に持って行っている友人もいました。そういうのもいいと思います。

調味料

韓国でも、日本の調味料は購入できます。

輸入食品店に行けばかなりいろいろと揃いますし、一般のスーパーでも、しょうゆ、みそ、カレールー程度は買えるのですが、価格が高いです(日本の2~3倍)。

お料理をよくする方は、日本から持っていったほうが気兼ねなく使えてよいかと思います。

私はしょうゆ、白だし、かつおぶしを持ってきました。みりんと酒は韓国製品で代用しています。みそはあまり使わないので持っていません。

めんつゆ・白だし・顆粒だし・かつおぶしなどのだし系は、和食の味付けを作りやすいので特におすすめです。

この前山本ゆりさんのブログで紹介されていた、キッコーマンのだししょうゆを買ってみたらとってもよかったです。

炒め物の味付けに、サラダのドレッシングに、うどんにかけて明太子やたまごをそえるだけで立派なごはんになったりと、大活躍しています。

生活用品

次に、毎日の生活で必要な生活用品や消耗品をご紹介します。

掃除用品

掃除用具は日本のものが使いやすい気がします。

夫の家にもともとあったモップが使いにくかったので、日本からクイックルワイパーを持参しましたがとても役立っています。

韓国でも同様のものはあるのですが、クイックルワイパーは持ち手の部分や接地面の構造など、細かいところがよく作られていて絶妙に使いやすいんですよね。

国外に出てみると、日本製品の「かゆいところに手が届く仕様」に感動することもしばしば。

シートは韓国でも買えるので、本体だけ持っていけばOKです。

やわらかティッシュ

韓国では、ティッシュ・トイレットペーパー類の価格が高いです

中でも日本で使っているような繰り出し式のティッシュはとても高く、リビングなどでもティッシュ代わりにロールペーパーを使う家も多いようです。

また、韓国ではまだ保湿ティッシュ・やわらかティッシュを見たことがないので(もしかしたらあるかしれませんが)、花粉症や鼻炎の方でお鼻がデリケートな方は持っていくといいかなと思います。

私は鼻炎持ちなので、ポケットティッシュをストックしています。

常備薬

常備薬は自分の体に合うものを持っていくことをおすすめします。

使い慣れたものが安心ということの他にも、入国直後は言語や保険の問題で、病院や薬局に行きづらかったりすることもあるかと思いますので、薬は必需品と言えるかと思います。

特に総合感冒薬はあると何かと便利です。私はコンタックを愛用。

マスク

最近、韓国ではpm2.5の被害がひどいので、マスクはかならず必要です。

ですが韓国ではマスクが割高な気がしますので、荷物に余裕があれば、日本から大容量タイプを持っていくことをお勧めします。

昔は黒マスクが多かった韓国ですが、最近はpm2.5や黄砂対策のため白マスクをしている人も増えましたので、マスクをしていても変な目で見られることはありませんよ。

生理用品

生理用品は、日本のもののほうが使い心地がよいです。韓国の生理用品は、やわらかさやフィット感がイマイチでした。

ただ、こういうかさばる消耗品は持って帰るのも大変なので、のちに韓国の市販品の使い比べをしてみたいと思っています。

便箋

韓国に来てから、日本の親族が亡くなったことがありました。葬儀に行くことができなかったので、お悔やみ状を送ることになりました。

お悔やみ状は、通常白い無地の便箋を使いますが、どこに行っても見つからず。

文具店などに行ってみましたが、キャラクターものなど、ファンシーな便箋ばかり。お悔やみには全く使えないデザインばかりでした。

白い封筒はあるのですが、便箋がない。

結局、無印良品(割高ですが韓国にもあります)でそれらしいものをやっと見つけ事なきを得たのですが、本当に焦りました。

また私の場合は結婚もしましたのでお祝いなどをいただき、そのお礼状などを書く機会もありました。

お悔やみやお礼状はなるべく早く送る必要がありますので、なんにでも使える白い無地の便箋と封筒のセットが手元にあると安心だなと思いました。

学生の方はあまり気にしなくても良いかと思いますが、社会人の方、家庭のある方はお手紙を書く機会もあるかもしれませんので参考になさってください。

もしかすると韓国でも場所によってはお悔やみやお礼状に向いているデザインの便箋もあるかもしれませんので、見つけたらまたレポートしたいと思います。

美容・ファッション

化粧品

私は肌が弱いので、化粧品の持ち込みは必須でした。

少しずつ韓国で買えるものに切り替えていきたいと思います。

日本にいたころからiherb製品をよく使っていたので、韓国でも引き続き使っています。日本でも韓国でも同じものが同じくらいの価格で買えるので重宝しています。

▼アイライナーやアルガンオイルはiherbでリピートしています。

日本を楽しむ

海外生活が長引くなら、日本の本や映画を楽しみたいこともありますよね。

ネットの恩恵を受ければ、海外でもちゃんと日本のメディアを楽しめますよ。

kindle paperwhite

kindleには本当にお世話になっています。

kindleは、日本でも利用している人も多いと思いますが、海外在住者にとっては、手軽に日本の本が手に入る大変ありがたい手段でもあるんです。

電子書籍は、実際の本よりも価格が安いことも多いですし、最近の本であれば、書籍が発売されてから、わりとすぐに電子書籍化されることも多いので、本当に重宝しています。

ただ、古い本やマイナーな本はなかなか電子書籍化されないですね。

おすすめはwifiタイプ、広告なしです。

家でwifiが使える方は、4Gがついているタイプを選ばなくても全く不便はないと思います。

広告があるととてもわずらわしいと聞き、2000円プラスして広告なしタイプにしましたが、大正解でした。

まとめ:荷物と相談しつつ、海外生活を楽しもう

スーツケース

今日は海外に長期滞在する場合に日本から持って行ったほうがいいものをご紹介しました。

最初にお話しした通り、短期の滞在であれば、むしろ現地に売っているもので生活してみるのも楽しいと思います。

長期滞在の方、海外生活が不安な方は、荷物と相談して生活を快適にするグッズを持って行ってみてください。

▼記事がお役に立ちましたら、よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村