韓国ソウル ゆる暮らし

のんびりまったりソウルの魅力をお届け

国際結婚、何語で話す?パートナーの言語の上手な学び方

f:id:sally_ly:20200225180456j:plain

今日は韓国人の夫との「共通言語」について書いてみたいと思います。

外国人のパートナーを持つ人に会うと、必ず話題になるのが「お互い、何語で話しているか?」


先日ツイッターでアンケートを取ってみたところ、このような結果に。

2/3の方が多少なりとも韓国語を使っているという結果に。これにはびっくりしてしまいました。

私、韓国人の夫とは日本語でしゃべっていたこともあり、結婚するまでは韓国語があまりしゃべれず、言わば「韓国人が彼氏なのに韓国語話せないコンプレックス」だったのです。こんなにたくさんの人が韓国語を使っているなんて、皆さん尊敬です…。


外国人のパートナーとどんな言語で話すのか、相手の言語を喋れたほうがいいのか、悩んでいる方も少なからずいらっしゃるようです。

今日は、私と夫の経験談をご紹介し、そこからパートナーの言語の学び方について考えてみたいと思います。

出会ってすぐのころは4言語ミックス

韓国人の夫と、日本人の私は、中国で出会い、約9年間の遠距離恋愛の末結婚し、現在は韓国で生活しています。

出会ってすぐのころは、4言語ごちゃまぜ状態でした。


当時、お互いできる言語はこのような感じでした。

夫:母語は韓国語、留学経験ありのため英語は流暢、日本語は独学で少しできる程度、中国語は初心者

私:母語は日本語、中国語を大学で専攻中のため上級、英語はそこそこ、韓国語は初中級

お互い4言語できるのはよいのですが、完璧に意思疎通ができる言語がないという不自由な状態でした。

最初は中国語と英語がメインだったと思うのですが、韓国語と日本語も入ってきてからは完全にカオスでした。


今思えば、よく付き合うことができたなぁと思います。

でも、私たちに限らず、いろいろなカップルを見ていると、恋愛に関しては言語の障害はあまり関係ないのかもしれないと思うこともあります。

その後、日本語にメインに

f:id:sally_ly:20200225180419j:plain

付き合った当初は4言語ミックスで話していた私たちですが、毎日電話したり、数か月に一回会ううちに、共通言語が日本語メインになってきました

夫の日本語勉強方法についてはまた別の記事にしたいと思っているのですが、ドラマやアニメを見ながら耳からどんどん日本語を吸収していました。

私も楽なので日本語を使っているうちに、だんだんと日本語で話すことが多くなっていき、付き合ってから半年後くらいには日本語だけで不自由なく会話ができるようになっていました。


ただし、夫は日本語を耳から覚えたため読み書きがほとんどできず、メールでは韓国語を使うようになりました(初期は英語でした)。

こうして、ちょっと変わっていますが、会話は日本語、メールは韓国語という方式が定着したのでした。

9年間、驚くべき私の韓国語の変化

色々ありましたが、9年間遠距離恋愛を続けた末、結婚が決まり、韓国で生活をスタートさせることになりました。

相変わらず、会話は日本語、メールは韓国語のスタイルで9年間突き通した結果、残念ながら、私の韓国語はほとんど伸びることはありませんでした

その結果、韓国に来てから猛勉強することになったのでした…。


私の韓国語学習のお話はこちらから

今でも日本語で話すことが多く、そのほうが楽なのですが、韓国語の会話でもそれほど不自由を感じることはなくなりました。

モチベーションが上がらなかった遠距離時代

f:id:sally_ly:20200225180504j:plain

9年の間、韓国語力が伸びることはなかったとお話しましたが、その間私が韓国語の勉強にトライしなかったわけではありません。

中国から帰国後に大学の韓国語の授業をとったので、韓国語は中級といえるレベルになりました。


その後、彼にも韓国語で話してもらうようにお願いし、会話練習をしようと頑張りました。

しかし彼にとっては私との会話は日本語で定着してしまい、彼に韓国語で話しかけても日本語で返ってくるということがしょっちゅうでした。

これには学習のモチベーションが非常に下がり、当時韓国の芸能やKPOPに全く興味がななかったこともあり、次第に韓国語を頑張ろうという気持ちはしぼんでいってしまったのでした。

パートナーの言語、本気で学ぶには?

f:id:sally_ly:20200225180438j:plain

私と同じように、外国人のパートナーがいるけど、相手の言語をいつまでたっても喋れるようにならない、モチベーションがあがらないという方もいらっしゃると思います。


9年間もダラダラしていた私はえらそうなことを言える立場ではないのですが、私が自分の経験を通して言えることは、本気でパートナーの言語を学びたいと思うなら、語学とパートナーを切り離して考え、語学学習の場所を新たに用意するのが良いということ。

効率が良いのはやはり先生につくことだと思います。今はオンライン教室もあるので住んでいる場所に関係なく授業を受けられますし。


もちろん独学でもいいのですが、独学でもできるならもうやってるはず!そして結果が出ているはず!そうではないですか?

モチベーションがあがらない、だけど本気でやりたいなら、自分が学習に集中せざるをえない環境を作るのがよいと思います。


個人的には、自分のお金を投資することで自分のおしりに火をつけるというのも、やる気を出す有効な方法かなと思います(私は語学堂に通っていた時、学費が高かったので頑張れました…)。

語学学習はパートナーを上手に使おう

f:id:sally_ly:20200225180532j:plain

パートナーには、まったく学習を助けてもらうことはできないのか?そうではないです。

自分で学習する場所を確保することを大前提として、

①アウトプット練習に付き合ってもらう

②文章や表現をチェックしてもらう

というサポートのしかたをお願いするとよいかなと思います。

詳しくご説明します。

アウトプット練習に付き合ってもらう

覚えた言葉を使う場として、会話の練習につきあってもらう方法ですが、私と夫のように共通言語が日本語の場合はあまりおすすめできません

私の経験上、日本語という、より楽な意思疎通の手段がある中で、意識して韓国語を使うというのは思う以上に難しいことだと思うからです。

お互い楽な言語に流れがちですし、二人ともが相当意識しないと不自由な言語で話すのは難しい気がします。


付き合っていた当時、彼に対して「なんで韓国語でしゃべってくれないの!?」とイライラしたりもしましたが、よく考えてみると自分も同じことをしていることに気づきました。

特に初級レベルの日本語学習者と話しているときは、相手が理解できるレベルで話すのに疲れてしまい、むしろ相手が流暢に話せる言語で話すほうが楽と感じることが多かったのです。

お互い不自由な意思疎通を学習と割り切ることができるならよいのですが、私のようにイライラしたりするくらいなら、韓国人の友達を作るとか韓国語教室に通うとか、語学を学ぶ別の場所を用意したほうが、お互いの精神衛生上良い気がするのです。


文章や表現をチェックしてもらう

もうひとつは、チェッカーになってもらうという方法。これはおすすめです。

自分が書いた文章をチェックしてもらったり、「この場面でAという単語を使いたいんだけど自然かな?」など、チェッカーとして自分の韓国語を確認してもらう方法です。


逆に、やってはいけないのは、発音変化と文法について質問すること。そして、単語や表現のニュアンスの違いについて聞く(「単語Aと単語Bはどう違う?」など)のもあまりおすすめしません。

ネイティブはこれらを意識せず自然に韓国語を喋っているので、聞かれてもうまく説明できないことが多いです。最悪、意図せず間違ったことを教えてしまうともあります。こうした質問については、やはりプロである韓国語の先生に頼むのがよいです。

(HelloTalkのタイムラインにはこの手の質問がごろごろしていて、しかもちゃんと答えられていないネイティブの回答も良く見かけます。ネイティブを信用しすぎるのは逆に混乱のもとです…)


正直、①②のどちらも、特にパートナーでなくとも、ネイティブの友達にもお願いできるような内容です。

実際、外国人のパートナーがいなくても、自分でたくさん友達を作ってどんどんしゃべれるようになる人、たくさんいますしね。

まとめ

f:id:sally_ly:20200225180518j:plain

今日は国際恋愛・国際結婚カップルの共通言語についてお送りしました。

お話してきたように、私は怠惰を積み重ね、韓国に来てから本気を出した人間ですが、今なんとかなっていますし、最悪、言語のことは、どうにかなります

だから、「今絶対に相手の言語を喋れるようにならないと!」と自分を追い詰めてしまっている方には、そんなに焦らなくても大丈夫だよと声をかけたいです。

一方でモチベーションがあがらないという方には、本記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

マイペースにやっていきましょう!


こちらもどうぞ