韓国ソウル ゆる暮らし

ソウルの美味しい・楽しい・便利を発信

電子ペーパー搭載タブレットONYX BOOX Nova2を買いました

最近買ったものの紹介が続きますが、今日は最近の一番のお気に入り商品、便利なガジェットをご紹介します。

電子ペーパー搭載タブレット BOOX Nova2

今回購入したのは、中国のONYXという会社のBOOX Nova2という製品です。

特徴としては、

7.8インチ電子ペーパー搭載。目に優しいディスプレイ
・Android9.0搭載
複数の電子書籍ストアの本を一台で読める
・doc.ファイル、PDFファイルほかさまざまな文書を読み取り可能 ・スタイラス付きで手書き入力可能
・軽い(275g)

などがあります。

とても満足していて、買って以来、毎日使っています。


どんな製品なのかは、メーカー公式の動画をどうぞ。

目が疲れない電子ペーパー

これまで電子ペーパーデバイスとしては、Kindle Paperwhite(以下、Kindle端末)を2年半ほど愛用しています。

それまで「本は絶対紙派!」と、紙本原理主義な私でしたが、韓国に引っ越すことが決まり、韓国でも手軽に日本の本を読めるようにと購入しました。


実際に使って見ると、大正解。軽くて持ち運びやすいというほかに、なにより電子ペーパーディスプレイの快適さに驚きました(海外移住!日本から持って行ったほうがいいものリストという記事でもご紹介しています)。

電子ペーパーは、

・太陽光の下でも見やすい
・電池が長持ち
・バックライトを使用していないので目への負担が少ない

などの長所がありますが、特に液晶や有機ELをディスプレイに使ったスマホやタブレット、PCなどに比べて目が疲れにくいのが大きな強みです。

実際に私自身も、液晶端末と電子ペーパー端末では、長時間眺めているときの目の疲れ具合が違うと感じます。

いろいろな言語の本を読みたい

これまでKindle端末を使っていて不便はなかったのですが、韓国に来て韓国の本を読み始めたこと、そして中国語の勉強を再開したことで、韓国や中国の本も電子書籍で読みたいと思うようになりました。


今現在韓国に住んでいるので、韓国の本に関しては本屋に行けば紙の本が手に入るのですが、なにしろまだ学習者の身。本を読みながら辞書を引く回数がかなり多いです。

しかし、本を読みながらスマホの辞書をひくのがなかなか面倒。

両手で持っている本を片手に持ち替え、反対側の手でスマホを操作するのですが、片手ではスマホの操作がしにくいし、一単語引くのにもとても時間がかかります。


そんな時、알라딘 ebookや리디북스 전자책といった韓国の電子書籍アプリであれば、アプリ内で辞書を引くことができると知りました。

確かにKindleにも辞書機能があります。韓国の本も電子で読めば、辞書を引く時間も短縮できる。それを知ったのが電子に乗り換えようと決めた瞬間でした。

韓国の本は、装丁が美しい本が多いので、紙の本で読みたいという気持ちも強かったんですけどね…。


中国の本の場合は、紙の書籍自体を手に入れるに手間がかかるので、やはり電子書籍で手軽に読みたいという気持ちがありました。

そこで、外国の電子書籍を読む手段を探し始めました。

電子ペーパー搭載のタブレット

出典:https://www.boox.com/

そんな中、電子ペーパー搭載のAndroidタブレットがあるということを知りました。


通常、電子書籍端末は機能が絞られていることが多く、例えばKindle端末ではAmazonで買った電子書籍しか読むことができません。Kindle端末で、楽天の電子書籍や紀伊國屋の電子書籍は読めません。

一方で、Androidタブレットであれば、アプリをインストールすることで、複数の電子書籍ストアの本を読めます

Kindle、楽天、紀伊国屋など、それぞれに対応するアプリをインストールすれば、一台で様々なストアの本が読めますし、外国の電子書籍アプリを入れることも可能。これは一般の電子書籍リーダーにはない利点です。


なおかつ、ディスプレイが電子ペーパーであれば目も疲れにくいです。

電子ペーパー搭載のタブレットの価格は3~4万円程度と、決して安くはないですが、今の私の求めているものにぴったりだと思い、あれこれ調べました。

韓国の電子書籍リーダーを買うという選択肢

さて、韓国の本を電子書籍で読むのであれば、韓国の電子書籍リーダー(e북 리더기)を買うという選択肢もあります。

有名どころでは、Ridipaper、cremaなどの電子書籍リーダーがあります。

価格は2万円程度のものが多く、タブレットに比べるとだいぶ安価です。


主に価格の面で最後まで悩みましたが、やはり中国の本も読みたいと思ったこと、別記事でお話ししますが、Kindleの固定レイアウトの本を読む場合を考えて、タブレットの購入に踏み切りました。

悩んだ結果、BOOX Nova2を購入

出典:https://www.boox.com/

電子ペーパー搭載のタブレットとして、日本で購入しやすいものでは、今回私が購入したBOOXシリーズ、そしてLikeBookシリーズがあります。

ネット上のレビューなどを読んで、7.8インチが使いやすそうだということ、そしてAndroid9.0が搭載されている唯一の電子ブックリーダであるBOOX Nova2を購入しました。


日本ではSKTという会社が公式代理店であるほか、Amazonなどでも購入可能です。


(韓国で購入を検討されている方へ)

私は쿠팡で₩419,000で購入しました。これより安く販売しているサイトもありますが、AS(保証)がないものもあるようなので、韓国で購入される方は価格はもちろん、保証の有無、海外配送かどうか(配送に時間がかかります)も確認されることをおすすめします。

쿠팡での配送状況は、8/19に注文、8/22に到着と、3日で到着しました。


長くなってしまったので、今日の記事はここまで。


詳しい機能や、使い方についてはこちらの記事にまとめました


こちらもどうぞ