韓国ソウル 暮らしノート

ソウルの美味しい・楽しい・便利を発信

韓国→日本 一時帰国レポート① 全体の流れ・隔離免除の条件

f:id:sally_ly:20211111181127p:plain

久しぶりの更新になってしまいました。

新型コロナウイルス流行以来、約2年ほど日本に帰国できていませんでした。

仕事や家庭の都合などもありこれまで帰国は見送っていたのですが、今回家族の体調が悪くなったため、思い切って一時帰国をすることに決めました。


今回はそのレポートを書いていきたいと思います。

ツイッターを見ていると、年末年始を中心に一時帰国をされる韓国在住者が多いようなので、参考になれば幸いです。


※以下は2021年11月初旬現在の情報です。最新情報はご自身でご確認をお願いします。


この記事でははじめに日韓両国の自宅隔離期間と隔離免除の条件をご紹介し、後半で一時帰国全体の流れをご紹介しています。

隔離の話は知ってるよという方は韓国→日本一時帰国 全体の流れからお読みください。

韓国→日本 自宅隔離期間

f:id:sally_ly:20211111181546j:plain

まず、日本へ一時帰国を考えたときに、最初に確認しておきたいのが自宅隔離期間ですよね。

2021年11月初旬現在、日本へ入国した場合、入国の次の日から14日間の自宅隔離が必要です。

自宅隔離の短縮(10日間)

なお、条件を満たせば自宅隔離期間を14日から10日間に短縮することができます。

自宅隔離10日間短縮のポイント

・ワクチン2次接種から14日間経過している
・対象ワクチンはファイザー、アストラゼネカ、モデルナ製(ヤンセンは対象外)
・日本入国時、空港でワクチン接種証明書を提出
入国後10日目以降に自費で検査を受け、陰性結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出る

より詳しくは以下からご確認ください。

在大韓民国日本国大使館:ワクチン接種証明書保持者に対する入国後の待機期間について


日本入国時に空港で提出するワクチン接種証明としては、韓国政府発行のアプリCOOVを使用できました。

隔離免除をされる方は事前にダウンロードと本人認証をしておく必要がありますし、隔離免除の申請予定がない方も、いつ制度が変わるか分からないので、証明書を提出しておいて損はないと思います。

f:id:sally_ly:20211109063849j:plain:w200


現行の隔離免除制度では、検査を自費で受けなければならないのと、検査結果が出るのを待っていると結局短縮できるのは3日程度となってしまい、利用者としてはあまりうまみはありませんね…。

隔離が3日!? 11月8日付けの新たな水際対策措置について

11月5日に発表、11月8日付けで開始された新たな水際対策措置は、ワクチン接種者の自宅隔離期間が短縮されるという内容です。

11/8施行の新たな水際対策措置のポイント

基本的にビジネス目的の入国が対象
・入国者の受け入れ先(企業など)が入国者リストや入国後の活動計画書などの書類を作成、提出が必要
・入国後3日目以降に自費で検査を受け、陰性結果を届け出る
・入国後4日目以降は活動計画書に沿った行動を行うことができる

外務省:水際対策強化に係る新たな措置(19)について

単純に隔離期間が3日に短縮されるわけではなく、そもそも残念ながら海外在住者の一時帰国は対象外となっています。

「日本人も隔離が3日に!」という見出しのニュースが出回って期待した方も多かったと思いますが(私もその一人)、実質ビジネス目的の入国でしか適用できない内容でした。


ニュースによると、政府は年末をめどに団体観光の自宅待機期間の短縮を検討しているそうなので、個人の観光の緩和はまだ先になりそうです。

日本→韓国 自宅隔離期間

f:id:sally_ly:20211111181559j:plain

韓国では、2021年11月1日から自宅隔離期間が短縮され、日本から韓国への入国は10日間の自宅隔離で済むようになりました。

<우리나라 : 해외입국자 격리기간 단축 시행 안내(‘21.11.1.부터 개시)>

自宅隔離の免除

さらに、ワクチン接種者であれば自宅隔離の免除が可能です。

まず、韓国国内でワクチンを接種した人の場合。

韓国国内でワクチンを接種した人の自宅隔離免除のポイント

・2次ワクチン接種後14日以降経過している
・入国時無症状である
・入国後1日以内にPCR検査を受け、陰性確認後に隔離解除
・入国後6~7日後に再びPCR検査を受ける

▶詳しいフローチャートはこちら

해외입국자 방역관리 방안 흐름도(공항입국자용)

▶詳細はこちら

코로나바이러스감염증-19:전 세계 델타변이로 코로나19 유행 지속(8.27., 정례브리핑)


隔離免除に際し、事前の申請は不要です

ワクチン接種証明としては、韓国に入国後、空港で韓国政府発行のアプリCOOVを見せればよいそうなので、事前にダウンロードと本人認証をしておくことをおすすめします。

f:id:sally_ly:20211109063849j:plain:w200


今のところ、韓国国外でワクチンを受けた方が隔離免除を受けるには申請が必要になっています。直系卑属の訪問であるなど条件があります。申請は日本にある韓国大使館・領事館での手続きとなるようです。

海外でのワクチン接種者に対する隔離免除書(直系尊属家族訪問目的)の発行業務再開に関するご案内(10.1(金)受付開始)

韓国→日本一時帰国 全体の流れ

f:id:sally_ly:20211111181625j:plain

さて、一時帰国の一連のおおまかな流れをご紹介します。

<韓国出国まで>
①チケット購入
②ハイコリアで再入国許可申請
③出国の72時間以内にPCR検査、陰性証明書を取得
④韓国出国

<日本入国>
⑤日本入国
⑥空港で書類提出、PCR検査

<日本で自宅隔離~日本滞在>
⑦14(10)日間の自宅隔離
⑧日本滞在

<日本出国まで>
⑨出国の72時間以内にPCR検査、陰性証明書を取得

<韓国で自宅隔離>
⑩韓国で自宅隔離(韓国国内でワクチン接種済みであれば、入国後1日以内に受けるPCR検査で陰性確認後、隔離免除が可能)


▼韓国出国までの詳しい流れはこちらから。


▼韓国出国当日のレポートはこちらから。


それ以降の流れも随時記事をアップしてご紹介予定ですので、またブログをチェックしていただければ幸いです。

コロナ禍の一時帰国でかかった費用

f:id:sally_ly:20210523165314j:plain

コロナ過の渡航では、これまでなかった出費が発生します。

通常時にプラスでかかったお金をピックアップしてみました。

・チケット代 路線にもよると思いますが、通常の1.5〜2倍程度の価格でした。
・ハイコリアでの再入国許可申請 手数料24,800W
・韓国での陰性証明書発行 129,080W
(検査料109,080W+証明書発行料20,000W )
・日本での陰性証明書発行 (★まだ受けていないので、後日記入します)

最新情報の入手法法

日本・韓国共に、出入国に関わる規制や必要書類は情勢によって日々変わっています。この記事の情報もどんどん古くなっていくと思います。

日本語で最新情報を得るには、在大韓民国日本国大使館のホームページがおすすめです。

何か出入国に関わる重要な変更点があると、トップページ上方の「★日本入国に関する事項」「★韓国入国に関する事項」に追加されていき、今回の帰国で何度も訪問しました。

在大韓民国日本国大使館 ホームページ


韓国の情報は以下の新型コロナウイルス特設サイトと、駐日本韓国大使館のサイトによくまとまっています。

코로나바이러스감염증-19

주 일본 대한민국 대사관 (メニュー→영사→영사소식に情報がまとまっています。日本語版より韓国語版のほうが更新が早く情報量が多いです)


f:id:sally_ly:20211111181841j:plain

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

これから一時帰国される方の参考になれば幸いです。

間違いなどありましたら、お問い合わせフォームやツイッターまでお知らせいただけますと大変たすかります。


コロナ禍の一時帰国シリーズ


韓国生活お役立ち